e-QSLの移動運用ログ対策

a0238278_12165872.jpg
 e-QSLでは/1や/4などのQSOデータがアップされる場合、
1文字違っても異なるアカウントとしてデータがJA1STYの
BOXには届きません。
JA1STY/1のアカウントを作ったらそのBOXにデータがとどきますが、
いろいろな移動地がある場合に/1のようなアバウトな表示では複数の
詳細な移動地情報が設定できません。
(いつも同じところに移動する場合は良いのですが)

 そこでどなたかがご提案されていた移動地のJCC/JCG番号を
コールサインの後に続けてアカウントとすることにします。
交信はCQCQCQ DE JA1STY/1219やJA1STY
/32006Hとして必要なデータをコールサインの一部とする
のです。
e-QSLでデータ交換される時は上記のコールサイン+JCCで
データをアップしてもらうことで必要な情報が記入された
e-QSLカードが発行されます。

 移動運用が大好きな方はアカウントが多くなりますが管理は
しやすくなります。
JARL経由で交換する場合は従来通りかコールサインのみでもOKです。






[PR]

by ja1sty | 2014-08-07 12:25 | アマチュア無線
line

堂平山にて


by ja1sty
line